失敗しない機械翻訳の選び方

利用方法によって使い分ける

機械翻訳は様々なアルゴリズム、技術の進歩によりかなりの精度を示すようになっています。そうした中で上手に目的に沿ったものを選ぶには、どういった状況で使うことが多いのかを基準とすることが効果的です。例えば元々あるドキュメントやPDFなどが主だった利用であるのならばそうしたファイルをドロップして持ち込めるようなサービスが良いということになります。同様に表計算やプレゼン資料などをそのまま翻訳できるものもあり、これは海外のスタッフや取引先と数字などを共有するときに手間がなくなり便利です。より専門的な用語が多い書類を扱っていくのであれば、専門用語のボキャブラリーに多く対応しているサービスを使うと確実性が増します。

より自然な文章を求める

機械翻訳はいわゆる直訳、単語をそのまま他言語に置き換えていくというのが従来的なイメージになりますが、より人々が普段使っているような自然な響きに近い翻訳も行えるようになって来ています。ニューラル機械翻訳と呼ばれる手法で、言葉それぞれの意味だけでなく、文章内での重みなどについても評価をし、ただ翻訳したものではなく文章として成立したものを生成できます。人間の脳における単語同士の結びつきを模したものとなるので、利用されるほどその精度が高まっていくという点も大きなメリットです。利用者側からある程度辞書登録できるものならば、初めからその部分については定義したうえで進められるので重要な部分は正確に訳すといったことも可能です。ニュアンス重視なのか原語重視なのかなどの評価点で使い分けることが重要です。